Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
イチイという植物
0



    生け垣などとして用いられている低木のイチイという植物があります。

    4月ごろ花をつけたのが緑の実を結んで、ちょうど今ごろ真っ赤に熟しています。

    とてもかわいらしい実です。

    食べることができます。

    でも種には毒があるので、吐き出しましょう。

    そして、食べ過ぎないようにしましょう。

    毒があるということは、薬にもなるということです。



    イチイという名前の由来は、奈良時代にさかのぼって、中国から取りいれた貴族の階級の位階に由来するようです。昔の偉い人が右手に持ったしゃもじのような板きれを、この樹木で作ったことから「一位」という名前がついたというのが、通説のようです。位階には「正一位」「従一位」があります。日本史を詳しく学ぶときに出てくるでしょう。

    また、イチイのことをアララギともいうとか。
    アララギと聞けば、頭に浮かぶのは、伊藤左千夫や斎藤茂吉が編集した雑誌「アララギ」でしょう。
    斎藤茂吉は、伊藤左千夫に師事しました。
    左千夫の小説『野菊の墓』は、お勧めです。
    茂吉の息子に斉藤茂太や北杜夫がいますが、国語の問題などで彼らの文に出会うこともあるかもしれません。

     
    posted by: P.S.taisei | 自然 | 13:21 | - | - | - |