ジャノヒゲ
0
     

    ジャノヒゲの花です。
    真夏に咲いて実を結びます。
    実は、秋が深まったころになると、宝石のようなブルーの色に染まります。
    ジャノヒゲは、リュウノヒゲとも呼ばれます。

    万葉集では、山菅(やますげ)として、詠まれています。

    詠み人が分からない歌ですが、1首。


      山菅の 止まずて君を 思へかも 吾が心どの この頃は無き

                       巻第十二  3055  詠み人不明

      現代語訳:山菅の名のように、あなたのことを思い続けているからでしょうか、私の心も
           しゃんとはしておりません。



    ジャノヒゲは、漢方では「麦門冬」(ばくもんとう)として、現代でもよく使われています。
    根を乾燥させたものです。
    posted by: P.S.taisei | 自然 | 22:02 | - | - | - |