伝書鳩
0
     

    写真の植物の花は、クサギです。
    花の匂いが辺りに漂います。
    その匂いにつられていろいろな昆虫がやってきます。
    昆虫たちのオアシスです。
    地方によっては、若い葉をお野菜として使っていました。

    空を飛びまわっているハトが写っています。
    近所の方が飼っている伝書鳩です。
    この言葉も今では、あまり使わなくなってしまいました。

    通信手段が発展するまでは、伝書鳩が担う一面もありました。
    新聞社などは、記事を足に結びつけて運ばせていました。
    医療用の薬なども背中にくくりつけて飛ばし、緊急時の運び屋さんでした。

    何千年も昔から、伝書鳩は活用されていました。
    歴史書や小説などにも伝書鳩が出てくる場合があります。




    毎朝、家の周りを大きな円を描きながら、集団で飛んで訓練されています。
    近くにいっせいに飛んでくると、羽の音が心地よく耳に届きます。
    現代では、趣味として飼っていて、遠く東北や北海道まで送り出して、レースに参加しているようです。
    日曜日の午後に、もどってくるハトを待ち受けている飼い主を見かけることがあります。


    暑かった今年の夏だったけど、空は秋に模様替えをしましたね。



    posted by: P.S.taisei | 塾大成 | 21:53 | - | - | - |