ハナゾノツクバネウツギ
0
     

    ハナゾノツクバネウツギの花
    アベリアといったほうが、なじみありますね!
    公園の植え込みや生け垣として植えられている低木です
    6月から10月頃まで咲く、花期の長い植物です

    ツクバネの名前がついた由来は、筒状の花びらが落ちると、羽子板でつく羽に似た顎がのこります
    この状態から、ツクバネという名前がついたのでしょう
    ちなみに初夏の5月頃、山路を歩いていると、もう一回り大きな花が咲く「ツクバネウツギ」を見かけることがあります

    posted by: P.S.taisei | 自然 | 12:53 | - | - | - |